back

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パターンを切り取り、生地を裁断します

パターンAでは両脇を、Bは中央の3つを取ってください
それそれ左右対照でも全部違う生地でもお好みで

画像はすべて2枚重ねになっています

 

 

両脇のパーツ(B)のダーツを縫い

上に倒してアイロンをかけます

 

 

 

パーツをつなぎ合わせ

アイロンで縫い代を割ります

 

 

口布を2枚重ね端から1cmのところを

上下1cmずつ縫い合わせます

(真ん中はあけておきます)

 

縫い代を割り、出来上がりに2つに折りアイロンを当てます

端の縫い代は斜めにカットしておいてください

 

 

 

先ほど真ん中をあけておいた部分です

縫い代を割ったものを表側から見て

開いた穴の部分の周りをステッチします

 

表地にタグなどをつける場合は

つけておきます

 

 

 

表地同士、裏地同士を中表に合わせ

図のように周りをぐるっと縫い合わせます

画像は裏地なので、底の返し口を残してあります

 

 

縫い合わせたところをアイロンで割るのですが、小さいので

なかなかアイロンが入らないと思います。

仕上げ馬・饅頭などがあればいいのですが大きさもなかなかあわないと思います。

私のやり方ですが・・・タオルなどを固く丸めて裏側からつめて当てるとうまくいくように思います

 

表地の表側に口布を折ったものを、両脇、中央の順に合わせ

ぐるっと一周縫い合わせます

 

 

 

縫いあわせたものをひっくり返し(表が内側にくるように)

今度は裏地をわき、中央とあわせていれます

このとき表地の表側と裏地の裏側があっているようにしてください

画像では見えている部分はすべて裏側です

 

 

表地の裏側の一度ステッチしてあるところの上をもう一度ステッチします

今回は裏地も一番下に入ってます

 

 

 

縫い合わせたら脇の縫い目が混むところの縫い代を少し落とします

縫い合わせた糸を切らないように注意してくださいね

 

 

 

 

返し口からぐるっとひっくり返し

裏地の返し口をコの字に閉じます

 

 

 

口布のところから縫い代を下側に倒すように

アイロンで落ち着かせます

 

口布の脇の穴から金具を入れて→金具のつけ方

とめ具でとめて完成です

cake

シェル型バネポーチの作り方

 

 

こちらのパターンには¥100ショップなどで売っている細幅の12cmのバネを使用します(画像下)
inserted by FC2 system